ストレスは薄毛の原因です。ストレスを感じると交感神経が刺激され皮脂分泌が活発になります。コルチゾールなど皮脂分泌を促す物質も分泌されます。過剰な皮脂は毛穴をつまらせて髪が抜けたり、髪の成長に悪影響を与えます。

また、交感神経が活発になることで血管が収縮し、血流が悪くなります。髪は血液から栄養や酸素をもらって成長します。血流が悪くなると成長のために必要なものが不足します。

ストレスを溜めこまないようにするのが育毛にとってよいのですが、育毛剤を使うことでもストレスによる悪影響を軽減できます。

皮脂分泌が活発なときは、皮脂を抑える育毛剤がおすすめです。過剰な皮脂分泌を抑えて毛穴つまりを予防します。育毛剤を使うとともに、毎日丁寧に毛穴の中まで洗いましょう。

血行が悪くなっているときは、血行促進型の育毛剤がおすすめです。頭皮の血流がアップすると髪への栄養供給がよくなります。マッサージと組み合わせると効果が高くなります。


No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>